2014年09月07日

非常に勝手な兄妹説

先に勝手な妄想であることをお断りしておきます。

原作KillingHeartでは、メインキャラで出自のはっきりしていない子が三人います。
カイ、ラディア、ハルです。そのうち、ハルは後に書かれる予定があったものの叶わなくなってしまったという経緯があるので、厳密に言うと二人になりますね。
カイとラディア。この二人の本当の両親はわかっておりません。
意図的ではないことは確認済みなのですが、二人の特徴は似通っています。黒髪に黒い瞳。あの世界ではよくある見た目、と結論付けてしまえばそれまでです。
しかし彼らには「実の両親不明」という共通点があり、作中の時系列で言えば
産まれたばかりのカイが捨てられる
→ラディアが生まれる
→ラディアの両親がアスリックらに殺される
という流れができています。
つまり、カイを手放した以降もその両親は生きていたと思われ、
その後に何があってもおかしくはないということになりませんか。
今回の勝手考察は、「カイとラディア兄妹説」です。
……本人たちも眉唾だろうなあ。「ないない」って首を横に振るだろうなあ。多分原作者に言っても否定されるでしょう。

見た目が、ことに髪と眼の色が家系や民族的に特徴として現れているというパターンが、キルハ世界には存在します。
グレンさんは母親の銀髪銀目を受け継いでいますし、ハルの髪と眼の色はサーリシェリア人の特徴としてはっきり明言されています。カスケードの色も家系的に受け継がれたものという設定があります。
そのパターンに則っていると考えれば、カイとラディアの身体的特徴が似通っていることに、血縁関係を疑えるのではないでしょうか。
ましてカイの両親は完全に消息不明です。産まれたばかりの我が子を手放した後、旅の途中で再び子供を生み、そして旅先で命を落としたのだとしたら。

ところで、なぜラディアの両親はアスリックらに殺されたのでしょうか。当時ロックフォードは「神獣様」を崇め、生贄を奉げていたというのは本編にある通りです。しかし、なぜ両親ともが殺されることになったのか。作中では彼らが神獣様の住処の構造を記憶してしまったためと説明されています。でも、それだけではなかったとしたら。
この妄想はラディアにとって辛いものになりますが、私には、この両親は我が子を「また」手放そうとしていたのではという疑いが生じました。
それを知ったアスリックらが、殺人の罪悪感とは別に、ラディアは村の子供として育てたいと考えたのだとしたらどうでしょう。捨てられそうになった子供を見捨てられず、親に制裁を加え、子に手を差し伸べたのだとしたら。
ラディアが真相を知らされることなく今日まで生き延びた理由が他にもあったと考えることは可能だと思います。

カイは産まれてすぐに手放されています。それは親が「この子を育てることは不可能だ」と即判断したからだと考えることができます。
その理由が、旅にあったとしたら。移動し続けなければならず、ひとところに留まることができないので、子供を育てることが不可能だと判断されたのだとしたら。
とても無理やりな話になりますが、それはラディアの両親の行動へと繋がりませんか。

もちろんこの説は穴だらけです。身体的特徴なんて、別人でも似通っている例はあります。金髪紫眼とか、カスケードとカーティスとか。それにカイは薬作りが特技ではありますが、治癒の力は持っていません。
(しかしそもそも「治癒の民」は私が勝手につくりあげた設定であり、ラディアのみの特殊能力とも考えられます。ラディアが能力を使ったとき、異能として恐れられた理由はそこにあるかもしれません)
ですからこれはあくまで可能性妄想。二人がどのような関係であろうと、仲間には変わりありませんので。

「ちょっと無理やりすぎますよー」
「この妄想、誰も幸せになりませんよね。寧ろラディアが不幸になるんでやめてください」
などと当人たちからの批判の声が聞こえてきそうですが、実は何年も考えていたことなので書いてみました。
ごめんね、カイ君、ラディ。
【関連する記事】
posted by 外都ユウマ at 14:55| Comment(0) | 考察 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。